新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

佐賀大学・がん地域診療医師養成特別コース 平成31年度修了者
現職 唐津赤十字病院 医師
北村 浩晃(佐賀大学) 医師

私は、2019(平成31)年度に、佐賀大学大学院医学系研究科の「がん地域診療医師養成特別コース」を修了しました。

 

私は、学生時代よりがんについて興味があり、佐賀大学血液・腫瘍内科に入局し、造血器腫瘍や固形腫瘍の診療に携わって参りました。日々進歩するがん医療の中において、より深く、包括的にがん診療や基礎及び臨床研究について学びたいと考え、本コースを志望しました。

 

本コースを通じて、学内で開催された講義や講演会、国内外の学会も含め、様々なお話を拝聴することができ、幅広い視野を持つことができました。また、臨床現場や研究において更なる探求する力を身につけることができました。血液専門医の資格も取得し、本コースでは大変貴重な経験をさせて頂きました。

 

現在、私は唐津赤十字病院に勤務しており、血液内科疾患を中心に診療をしております。最適な医療の提供を心掛けており、多職種と連携して診療を行っております。今後は、本コースで学んだことを生かし、更なる資格取得も目標にしております。探求心を持ち続け、今後のがん医療に少しでも貢献していきたいと思っております。

 

(2019(令和元)年8月掲載)