新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

熊本大学・研修医・大学院一体型がん専門博士養成コース 平成29年度修了者
現職 熊本大学病院 乳腺・内分泌外科 特任助教
藤木 義敬(熊本大学) 医師

私は、平成30年に、熊本大学の「研修医・大学院一体型がん専門博士養成コース」を修了しました。

 

私は、今後進歩し続ける化学療法について幅広い知識を身につけたいと思い、上記コースを選択いたしました。このコースでは、様々な科の先生方からその科に必要な基本的な治療、化学療法の知識から専門的なものまで講義を受講することができました。また、化学療法に関わる者に必須の知識である、緩和医療について講義とeラーニングの両方で受講できたのは大変魅力的でした。このコースを受講して、私の上記目的が十二分に達成され、大変感謝しております。

 

私は、大学院の間に癌治療認定を取得いたしました。このコース受講することで、幅広い知識を得ることが出来、取得に困難と感じることはありませんでした。この資格の取得により癌治療の視野が広がり、日常診療に活かせていると実感しております。

 

現在、私は熊本大学病院、乳腺・内分泌外科にて日々患者様の為に上記コースで得た知識を元に診療を行っております。今後も、得た知識を基礎に、更に研鑽を積み、乳癌における個別化医療に対応出来る診療を行って行きたいと考えております。

 

(2019(令和元)年9月掲載)