新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

看護師向け

長崎大学・がん看護専門看護師養成コース 平成26年度修了者
現職 JCHO 諫早総合病院
德永 陽子(長崎大学) 看護師

私は、平成26年に、長崎大学医歯薬総合研究科の「がん看護専門看護師養成コース」を修了しました。

 

私ががん看護専門看護師養成コースに入学したのは、がん患者さんのケアや家族との関わりが難しいと常に感じていました。そのため専門的な知識を学び、患者さん、家族のケアの質を高めていきたいと思ったことがきっかけでした。コースでは、がん医療の知識やがん看護の質を高めるための看護理論や援助技術などを学びました。同じコースの受講生とディスカッションを通して学ぶ機会が多く、自分自身の物の見方に偏りがあることに気づかされました。この体験が今も論理的思考が考え、看護実践をすることにつながっているのではないかと感じています。

 

現在、私は外来化学療法室で、通院治療を受ける患者さんのケアを主に担当しています。がん看護専門看護師は、所属する組織のがん看護の質の向上に寄与することが役割としてあります。院内のがん看護に関わる教育プログラムを作成することも行っています。また、所属部署を問わず、がんの診断時から患者さんの治療や療養場所の選択などに関わる意思決定を支えることも担当させて頂いています。今後も、がんプロフェッショナルコースの学びを活かし、さらに自身の看護者としてのスキルを高め、より室の高い看護が提供できるよう取り組んで参りたいと思います。

 

(2019(令和元)年9月掲載)