新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

大分大学・ゲノム医療研究者養成コース  令和元年度修了者
現職 大分赤十字病院 外科・医師
多田 和裕(大分大学) 医師

私は、大分大学 消化器・小児外科に所属している消化器外科医です。今回、2019年(令和元年)度に、大分大学の「ゲノム医療研究者養成コース」を修了しました。

 

私は、「膵癌の糖鎖変化とその機能」、そして「大量肝切除に伴う抗がん剤の薬物動態変化」の2つを研究の柱として取り組んできました。糖鎖研究の中でも、レクチンと呼ばれる糖鎖構造を認識する糖たんぱくに注目しました。レクチンは近年、がんの治療薬としての可能性も示唆され、レクチンを対象とした研究会も開催されるようになりました。がんプロコースでは研究会出張のサポートをしていただき、そのおかげで有意義な研究会に参加し、糖鎖に関する理解を深めることができました。大学院在籍中に両テーマとも論文化することができ、目標であった医学博士を取得することもできました。

 

また、コース在籍中に「外科専門医」「消化器外科専門医」の資格を取得しました。特に消化器外科専門医試験は扱う範囲が広く最新の知識も必要とされるため、試験勉強には多くの時間を費やしました。専門医取得を目指す方へ、過去問だけではなく、最新のガイドラインに目を通しておくことをお勧めします。日々、治療はアップデートしており、これを凝縮しているのがガイドラインです。つまり、これらを頭に入れることは臨床においても役立つことになります。

 

現在、私は大分赤十字病院の外科で手術を中心に、消化器がん診療に従事しています。当外科の特徴は肝胆膵領域の癌患者が多く、高難度手術も多いことです。今後の目標は、多くの手術を経験し、幅広い術式を習得し、消化器疾患全般を扱うことができる消化器外科医になることです。さらに専門性も深め、肝胆膵領域の高難度手術もできるように修練していきたいと思います。

 

 

(2020(令和2)年7月掲載)