新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

福岡大学・がん専門医療人指導者コース 平成28年度修了者
現職 福岡大学病院 産婦人科・講師
宮原 大輔(福岡大学) 医師

私は2016(平成28)年度に、福岡大学の「がん専門医療人指導者コース」を修了しました。

 

産婦人科医は産婦人科専門医を取得したあとは、腫瘍、生殖、周産期、女性ヘルスケアといった診察領域から希望の領域を選択してサブスペシャリティの専門医取得を目指します。私はがん治療に最も興味があったため腫瘍領域を選択し、がんセンターや総合病院で臨床医として修練しました。さらに腫瘍学を学ぶために大学院に進学し、他の癌腫の知識を習得しできる機会だと考え本コースも履修させて頂きました。本コース在籍中にサブスペシャリティである婦人科腫瘍専門医を取得しました。婦人科腫瘍専門医の試験問題には基礎的知識も問われ、本コースでの研修会やeラーニングでの講義が大変役に立ちました。

 

現在は福岡大学病院産婦人科で婦人科の主任として個々の症例に対して診療方針を決定し、手術では手技の指導を行っています。今後も自身の研鑽を積む事も必要ですが、後輩医師に腫瘍学の面白さ、楽しさを伝え、一人でも多くの婦人科腫瘍専門医を育成してきたいと思います。

 

(2020(令和2)年8月掲載)