新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

医師向け

熊本大学 研修医・大学院一体型がん専門博士養成コース 平成30年度修了者
現職 静岡県立静岡がんセンター 胃外科・レジデント
八木 泰佑(熊本大学) 医師

私は2018(平成30)年度に、熊本大学の「がん専門博士養成コース」を修了しました。医師となって外科領域に興味を持ち始め、その中でも消化器外科領域を専門とする熊本大学消化器外科学に2013年度に入局しました。日々の診療の中で、癌の進行や化学療法感受性のメカニズムに興味を持ち、2015年度に熊本大学の大学院に進学し、「がん博士養成コース」を選択しました。

 

私は食道癌における腫瘍免疫に着目し、食道癌におけるPD-L1発現と腫瘍関連マクロファージ(TAM)との関連について研究を行いました。TAMが癌細胞の浸潤能や遊走能およびPD-L1発現に影響を与えること、TAMの高発現が予後に悪影響を及ぼすことを論文として報告し、学位を取得させていただきました。がんプロコースでは消化器癌のみならず様々な癌種について、基礎および分子生物学的知識から疫学や臨床的な知識まで各分野の専門の講師から受けることで、がん診療を行う上で有用な知識を得ることができました。

 

学位取得後、現在私は日本で有数のhigh volume centerである静岡県立静岡がんセンター胃外科に国内留学をさせていただいています。本プログラムで学んだようにがんを様々な視点から考えることで、より良い診療が行えるように努力していきたいと思います。また、本プログラムで学んだことをベースとして、少しでもがん医療の発展に貢献できるように、臨床・研究に取り組んでいきます。

 

(2020(令和2)年8月掲載)