新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン 新ニーズに対する九州がんプロ養成プラン

修了者の声

看護師向け

長崎大学 がん看護専門看護師養成コース 令和2年度修了者
現職 長崎記念病院 外来化学療法室
小坂 容子(長崎大学) 看護師

私は、2020年度に、長崎大学の「がん看護専門看護師養成コース」を修了しました。

 

私は外来化学療法室に勤務する中で、治療を受けることで足裏に水疱ができ歩行するにも痛みが生じた患者さんや足の爪が無くなった患者さん、療養環境や金銭的な問題から治療を受けること自体に困難を抱える患者さんやそのご家族に関わっていました。このような様々な困難や苦痛を抱えるがん患者さんとそのご家族に対してどのような看護を提供していけば良いのかを深く学びたいと考え、このコースへ入学しました。 病態生理や治療、薬剤に関する勉強だけでなく、在宅への訪問診療へ同行させて頂いたり、大学病院に勤務されているがん看護専門看護師の方から直接指導いただいたり、実践されている看護を教えて頂きました。多くのことを学ばせて頂いただけでなく、自分の甘さや病態や薬剤などの知識の不足など、自分自身の課題を見つけることが出来ました。

 

今後は、外来化学療法室に通院される患者さんやそのご家族に対して、このコースで学んだことを生かした看護を実践しながら、「がん看護専門看護師」資格の取得を目指したいと考えています。

 

(2021(令和3)年8月掲載)